八代亜紀

Sponsored Links

【 2008年05月17日放送】【124回 「芸能人が本当に体験した不思議な話。」】

芸能人が本当にあった不思議な体験を、江原さん、美輪さんが解き明かすコーナーです。
今回は、加藤和樹さん、つまみ枝豆さん、小倉優子さん、八代亜紀さん、 梅沢富美男さんがゲストでした。
ここでは、演歌歌手の八代亜紀さんの不思議な体験を中心に取り上げています。

未来に起きる出来事を見たり感じる予知能力。本当にそんな力があるのでしょうか? 八代亜紀さんは、幼い頃からご自分の未来が見えたそうです。
八代「例えば、10代の時に初めて免許を取りました時に、すごく車に乗りたいじゃないですか。
車を運転していて、すごい一直線の時に、嬉しいからスピードを出そう!って
いけませんけれどね、ちょっとスピードを出した瞬間に、
頭の中にパトカーのピコピコが見えたんですね。
フッとブレーキを踏んで、緩やかなカーブを曲がったら、隠れてたんです。」
国分「スピード違反を取り締まっていたわけですか。」
八代「取り締まっていたのかどうかは、わからないんですけれど。」
美輪「ネズミ捕りってやつね。」
八代「その頃ネズミ捕りってあったんでしょうか。」
美輪「いえ、ネズミ捕りっていう方式で隠れていて。」
八代「あら、そうなんですか。知らなくってごめんなさい。」
梅「知らなかったんですか?ネズミ捕りなんか、昔からありましたよ。
何回も俺、捕まってますもん。」
国分「それは1回だけなんですか。」
八代「いえ、そういうことが私、本当に不思議なのは、歩いていて
『お金が落ちているよ』って、瞬間に感じるんです。それでフッと見ると、落ちているんです。
あ、落ちてた、って拾うと、ずっと落ちているとか。」

国分「あ、1枚のコインとかだけではなくて。」
八代「ずっと、ずっと落ちているんです。」
国分「すごいですね。『お金落ちてるよ』って声が聞こえるわけですか。」
八代「聞こえないんですけど、わかるの。瞬間、ひらめくの。」

江原「あの昔、オーラの泉でもそういうゲストの方いましたけれども
ちょっと離魂病(りこんびょう 魂が肉体を離れてさまようこと)気味なんですよね。」
八代「離魂病。」
美輪「魂が離れるの。」
江原「わりとこういなくなる。それでパッと一瞬、意識がなくなるというかね、
要するに色んなところへ行っちゃうところがあるんですよ。
だからね、それはひどくないんだけれども、一歩先に行ってて予知しているところがあるの。」
八代「そうですか。」
国分「先を進んでいるわけですか。見ているわけですか。」
江原「そう。それは昔から、そうなんだろうなと思うんですよね。」
八代「あの幼い頃、3、4歳くらいの頃から絵がものすごく好きで、絵を描いてましたら
その絵を大人になって見ましたら、未来の八代亜紀を描いていたんです。」
江原「完全に予知ですね。」
八代「ロングドレスでマイクを持って歌っていたんです。
当時はね、スタンドマイクといって こんな大きなマイクしかなかったのに、ワイヤレスマイクを描いているんです。」
国分「3才、4才の頃に。」
八代「4、5才くらいの頃。」
江原「完全に予知ですね。」
八代「予知ですか。」
国分「自分を描いていた。」
八代「八代亜紀を描いていたんですよね。」
国分「他にこのような体験をしたことがある方っていますか。」
加藤「予知夢とかっていうのとかは違うんですけれど、デジャブ(初めて見る景色を 『見たことがある』と感じたり、新しい体験を『経験したことがある』と感じること)ってやつはよく見ます。夢で見たことが実際に、パッと何かをきっかけに
『あ、このシーン見たことある』。」
美輪「例えば具体的におっしゃると。」
加藤「一番印象的に覚えているのが、中学校のときに見た夢なんですけれど
学校のグラウンドで友達何人かとしゃべっていて。俺は腕を後ろで組みながら振り返って 友達としゃべっていたんですよ。
それが多分高校二年のときだと思うんですけれど
体育の授業で皆体操服を着ていて、そのときはもう、友達になっている奴らなんですけれど
そいつらと『そういえばさあ』なんてしゃべっていたら、その時に『あ!これ、見たことある』と思ったんですよ。
俺はその時に、はっきりそいつらの顔を見ているし、結構田舎の広いグラウンドだったんですけれども、その絵もはっきりと見えていたんですよ。」
美輪「その絵を見たときには、その方たちは全く赤の他人だから、ご存じないという方たちね。」
加藤「そうです、はい。」
江原「それはデジャブ言えるかもしれないけれど、それよりも予知夢の方なんですよね。
夢で見た自覚があるわけでしょう?デジャブというのは『あ、ここ確かに』って その瞬時に感じるものだけれども、予知夢というのは、もう夢で見ている、もう現にね。
それが現実になったということだと思うんですよ。
それはいっぱいある世の中の人も。
まあ、しょっちゅうということはないでしょうけれども、
そういう覚えのある方っているんじゃないですか。」
加藤「そういうのを見ると、別に体に異常があるとかではない。」
江原「だから、そういう風に思う人も世の中にいるみたいなんですけれども、
どうして世の中の人って、自意識過剰なんだろう?どうしてそこまで結びつけるのか、 夢で見ただけじゃないか、それを自分に何か起きるんじゃないか?とか 暇なんですね。」
国分「ちょっと不思議に思って『何かあるんじゃないか?』と思ってしまいますけれども。」
江原「梅沢さんがいるとね、梅沢さんの波長で口が悪くなっちゃうんですよ。」

【スピリチュアルメッセージ】
八代亜紀さんが若い頃「歌手になった自分の絵。」を描いたのは
単に未来を予知したのではなく豊かな想像力があったからです
何かになりたければ、大切なのは想像力
自分の未来を具体的にイメージして、努力を重ねることです

Sponsored Links

このページの先頭へ

キャッシング 初心者