勝俣州和

Sponsored Links

【 2008年06月14.21日放送】【「芸能人が本当に体験した不思議な話。」】

芸能人が本当にあった不思議な体験を、江原さん、美輪さんが解き明かすコーナーです。
今回は、つるの剛士さん、加藤夏希さん、秋本奈緒美さん、勝俣州和さん、柴田光太郎さんがゲストでした。
ここではタレントの勝俣州和さんの不思議な体験を中心に取り上げています。

ごちゃごちゃ言ってないで誰が一番馬鹿か決めればいいんだ!

つるの剛士さんの不思議な体験の話が終わった後の話です。
つるの剛士さんはポジティブな念が強いとのこと。つるの剛士さんの不思議な体験

国分「(つるの剛士さんは)念の使い方が、プラスの使い方というのがいいですよね。
勝俣さんが以前来た時は『僕にも念があって、あの芸能人がいなくなればいいのに』って。」
勝俣「言い方が悪いよ!行儀の悪い人がいると 『ちょっとどこかで勉強してくればいいのにな』と思うと、いなくなっちゃうって 話をしたんですよ。
ちゃんと伝えて!」
国分「僕にはそう聞こえたんですけれどもね。」
勝俣「念ということで、美輪さんに1つお願いがあるんですけれども、いいですか?
あの僕の大好きな後輩で、“タカアンドトシ”っていう2人がいるんですけれども、
以前、美輪さんがラジオ番組で
『最近ね、頭ばかりたたいて、“欧米か!”とか変なことを言っている2人がいるのよ。
私ね、頭ばかりたたくの嫌いだから、あの2人がいなくなればと思って、呪っているのよ』
って言われたらしいんですね。それをタカトシは非常に気にしているんです。
呪いはやめてもらえれば、僕はありがたいなと。」

美輪「やめるものか!」
勝俣「非常にいい2人なので。素敵な2人なので。」
国分「これを見たらもう、絶望的だと思いますけれども。」
美輪「いや、そうじゃなくて。とにかくあの人たちだけじゃなくて、日本の悪い風習でね、
例え親子であっても、人さまの首から上に手をあげちゃいけない、っていうことがあるのね。
やはりお尻をたたくとか、背中をたたくとかね、とか他の方法があるのに
頭をパーンとたたいたりするでしょう?
こんな無礼なことはないじゃないですか。
それがまかり通るというのは、一番卑劣で、もう最悪の芸風ですよ。
だから“欧米か!”は、それほどひどくはないけれども、そういうのはやめて欲しいのね。
もっと頭を使った笑いのとり方ってあるじゃないですか。そうおっしゃって。」
勝俣「はい。『首から下をつっこめ!』と。」

*:.。.:*☆*.。.:*
秋本奈緒美さんの不思議な体験のお話で、人生の転機になると眠くなるというお話の後の話です。 秋本奈緒美さんの不思議な体験
*:.。.:*☆*.。.:*

国分「勝俣さんも確か前『最近、よく眠いんだよ』って言ってましたよね。」
勝俣「僕はここ最近じゃなくて、もう2年くらい眠いので。
寝なくても大丈夫だったのが、急にきたので。
この前も江原さんに相談して、準備期間と聞いていたので『何が起きるんだ』と。
でも2年間、眠いんですよ。
今日もお昼に仕事をしていて、昼寝、どっぷりしてきて。
何なんだろう?今日も眠くてしょうがなくて。
だから嫁に『(美輪さんと江原さんに)会うからじゃない?』って言われたんですけれど。」
国分「じゃあ、答えはまだ出ていないわけですか。」
勝俣「全然ですね。
『勉強とか見聞を広げてく準備をしておきなさい』と言われたので
いろいろないいものを見たりとか、よいものを読んだりしていますけれどもね。」

国分「あの、この番組で何度か江原さんが勝俣さんの近くに行って、耳打ちをして 『何でそんなことわかったんですか?』というような話がありましたけれども。」
勝俣「あれは心臓に悪いんで、嫌ですね。本当にびっくりですね、毎回。」
美輪「誰も知らない、口に出せないことを言われちゃったからね。」
勝俣「そうです。誰にも相談できないことだったんです。」
国分「じゃあ、今日それを発表してください。」
(みんな笑い)
勝俣「『誰にも言えない』って言ってるじゃないですか!それがね、解決したりするんですよ。
『こうなりますから、見ててください、今動かないで下さい』と言われたら
本当にキレイになったり、もうすごいですよ。」

国分「はあ。この2年間眠たいという。」
江原「勝俣さん独自なんですけれどね。勝俣さん、元気活発に見えるけれども実は、 じっくり1つ1つを、切り替えていく方なんですよ。
だから時間がかかるように見えるけれども。でもそういう風に地に足を付けて きちっと行く方なんですよ。
それよりも、今日も後ろにね、おじいちゃん。本当にこの番組以降、喜んでいるんですよね。『日の目を見た』ということで。」
国分「そうですよね、忘れていたわけですものね。大好きなおじいちゃんを。」

勝俣「そうなんです。だから、お墓参りには行くんだけれども、神社には行ってませんよね、地元の。
『地元のおじいちゃんやお父さんが行かれていた神社はありませんでした?』
と言われたときに、本当に行ってなかったんです。 行ったら自分たちの自宅近くにも大きな神社があるんですけれど、でもそれは、山の方にある神社なんです。
『なぜこんな遠くにうちの親は行っていたんだろう?』と思ったら、
おじいちゃんは足袋職人とか、職人だったので、
はさみとかを奉納するというんですか、する神社だったんです。
だから職人の神社だったんです、農家のかまとか。『だからここに行ってたんだ』と。
『参道がちょっと暗くて、狛犬がいて』とかいわれて、行ったら、そのままだったの。
あの人(江原さんのこと)はすごいよ。」
(みんな笑い)
国分「加藤さん、どうですか、眠くなったりとかはあったりしますか?」
加籐「私、ないですね。」
国分「じゃあ、これからかもしれないですね。」
つるの「霊感の強い人で僕の周りの方は、みんな眠くなる方ですね、すぐ寝ちゃうんです。」
国分「すぐ寝ちゃう?どういう時にですか?」
つるの「お酒飲んでいるときにはすぐ。」
勝俣「お酒に弱いんじゃない?それ。」
夏希「私もお酒飲むと、眠くなります。」
国分「誰もがみんなそうだと思いますけれども。」

Sponsored Links

このページの先頭へ

キャッシング 初心者